さようなら ふるさと銀河線

PICTURE
北見駅 銀河線駅舎

道東の北見と池田の間を結ぶふるさと銀河線、かつて国鉄池北線として建設されました。国鉄改革に伴う赤字ローカル線の大整理を行った際、北海道内の廃止対象路線で唯一、第3セクターの「ふるさと銀河線」に転換して存続されました。特に北海道や九州では行き止まりのいわゆる盲腸線ではなく、都市間連絡の役割も果たしているような路線まで廃止されています。

既に北海道内の交通は、近距離は自動車、長距離は飛行機が主役となり鉄道を利用する人は大幅に減少しました。また道内の人口は札幌周辺への集中が進み、それ以外の地域では過疎化が進んでいます。

2005.05.13
PICTURE
北見駅に掲示された廃止届の公示

他の第3セクター路線もバイパスルートとなって特急列車が通過しているような所を除き、ほとんどが赤字あるいは採算ぎりぎりと言う状況です。

そのような状況下にあって、いくらワンマン化などで経費を節減したところで、銀河線は毎年多額の赤字を計上する状況から脱することは出来ませんでした。本来であればもっと早くに廃止されていたところが、十勝地方の大物政治家の影響力で何とか存続してきたという話も聞きます。しかし、このままでは累積する赤字に、地元自治体の財政そのものが破綻しかねない状況となり、ついに廃止の決定が下されました。

2005.05.13
PICTURE
北見駅のホームはJRと共用。
JRの特急列車と並ぶ銀河線気動車

池北線建設当時は、おそらく北見と池田経由で帯広との間には、それなりに人の流動があったと思われます。両端以外の沿線の町村の人口増減を調べた訳ではありませんが、大きな町もなく絶対数が多かったとは思えませんから、減少した数は僅かであると思われます。

北見市はハッカ栽培の全盛期ほどの賑わいは無いかも知れませんが、タマネギの大産地になるなど、代わりの産業も発展して、決して衰退している街、という感じはありません。しかし、かつては市内で済まない用事が有る場合は池北線で帯広に行っていたのが、女満別から飛行機で札幌へ、という選択肢ができて池北線を乗り通す旅客は大幅に減ってしまったようです。

2005.05.13